Print

必要不可欠な存在

社員は会社の顔なら身に付ける物も

昔から、社員は会社の顔という表現があるように、社員の身だしなみや身に着けている物によって、会社の本質を判断するという風潮があったが、現代でもその風潮は見られ企業に席を置く多くの社員はその事を意識し、また取引先やお客もその事を意識している。そんな、お客や取引先等に一つでも良い印象を残してきたいと思うセールスマンやセールスウーマンは、身につけている物にも気を配っている事だろう。アクセサリーやバッグ、また香水等もお客に良い印象を与えるアイテムだ。そんな中、今企業が注目しているのが、名札である。この名札は、企業の顔ともいうべき社員が身に着けている物なので、言い換えれば名札も企業の顔ともいう事がいえるだろう。

名札の持つ力で好印象

上記の中でも伝えたように、社員は会社の顔であって、社員が身に付ける物も、会社の顔となる場合が多いが、名札はその代表格といえよう。その点で、最近企業は社員に付けさせる名札に力を入れている。当然の事ながら、会社のロゴのゼザインにも力を入れているように、この名札にも力を入れているのだ。しかし、この名札ごときにどれだけの力があるのか、という意見もあるだろうが、このような場面で考えて見る事にしよう。取引先のA社とB社があったとして、提示した金額も同じ、社員の身だしなみや印象も一緒だった場合、何で判断するだろうか。そうなると、後はその他に見られる差、つまり名札等に注目する事になるはずである。そうなると、いかに身に着けている物が大切かが理解出来るだろう。では、他の会社と差を付けたいなら、名札というアイテムに注目しているのはどうだろうか。