Print

専門の業者に依頼

化粧箱、企画・仕様について

化粧箱とは商品を入れるパッケージのことです。様々な仕様がありますが紙製が最も多く組み立て式など運搬や在庫するのにも扱いやすいです。商品を入れる箱なので仕上がりは販売実績に多いに影響します。化粧箱も含めて商品として成立するものなので箱のデザインや仕様は企業が最も重要視するポイントです。全体の企画、デザイン、素材、加工、印刷と進めます。デザインは箱を展開した状態から考えないといけないのでまず、箱寸を決めてから行ないます。商品写真やイメージ、ロゴなどをデザインし完成させます。業者へ初めて依頼される方はパッケージ専門の会社がありますのでそちらへ相談してからデザインを進めると良いです。紙以外に木やプラスチックなどの化粧箱もあります。

製作する業者選びと特徴

化粧箱を製作依頼する場合、パッケージを完全オリジナルで製作する場合は箱の展開図から紙を抜く金型を作らないといけませんので、金型製作の費用が掛かります。既製企画の金型をたくさん所有しているパッケージ業者へ相談すればうまく商品サイズと合うパッケージがある可能性があります。あれば金型費用がなくなりますのでコスト削減出来ます。業者選びは実績があってたくさんの種類・寸法のパッケージを扱ってる業者をお勧めします。最近ではインターネットが普及しネット検索するとたくさんの業者が出てきますので相談・見積りして決定しましょう。サンプル送付や試作を製作してくれる業者もあります。印刷・加工も業者により出来ない行程や価格差があるので見積り比較して検討してください。